インダストリー4.0による人的要因への対処とは?

インダストリー4.0による人的要因への対処とは?


人的要因に対して、インダストリー4.0の導入により、いかに対応しているかという事例をご紹介します。
詳細は、デソーターの最新ホワイトペーパー「インダストリー4.0による人的要因への対処とは?」をダウンロードしてください。

今日、インダストリー4.0という概念は、産業分野でも政治分野でも非常によく知られています。インダストリー4.0に対するビジョンの多くは、国の製造拠点の長期的な将来を確保するために極めて重要であると考えているドイツのAcatech(ドイツ工学アカデミー)によって打ち出されました。そして、2020年までにドイツをサイバーフィジカルシステムとスマートサービスの主要市場として確立することを目的とした国家プログラムを通じて、多額の資金を利用した支援活動ができるようになりました。

 

ホワイトペーパーをダウンロード

 

ドイツ連邦共和国の経済振興公社であるドイツ貿易・投資振興機関(GTAI)によると、インダストリー4.0は、ヒト・ デバイス・モノ・システムが結合して、ダイナミックで自己組織的な生産ネットワークを形成する、「スマートインダストリー」と呼ばれるものが出現すると言われています。これは、従来の生産プロセスの論理を覆し、技術の進歩によって可能になった、 「集中型」 生産から 「分散型」 生産へのパラダイムシフトであることを表します。簡単に言えば、 これは工業生産機械がもはや製品を単に 「加工」 するのではなく、製品が機械と通信して最も効率的な操作手段を自己決定することを意味します。ドイツ貿易・投資振興機関(GTAI)の予測では、高度に個別化されたリアルタイムな少量生産が、急速に変化する産業環境の標準となります。

では、インダストリー4.0ソリューションを活用し、成功に導くためには、オペレーターをどのように配置すればいいのでしょうか?そのポイントは? 詳細はホワイトペーパーで!

 

ホワイトペーパーをダウンロード