インダストリー4.0の導入例 協働ロボットを活用したマヒンドラ&マヒンドラ社の場合

インダストリー4.0の導入例 協働ロボットを活用したマヒンドラ&マヒンドラ社の場合


マヒンドラ&マヒンドラ社のエンジン製造部門が、協働ロボットを使用して生産工程の精度、速度、品質を向上している様子をご覧ください。

マヒンドラ&マヒンドラ社(Mahindra & Mahindra Limited) は、インドのマハラシュトラ州ムンバイに本社を置くインドの多国籍自動車製造会社です。1945年にマヒンドラ&モハメッド(Mahindra & Muhammad )として設立され、後にマヒンドラという名称を非常に気に入ったため、この名称を2回使用する社名、マヒンドラ&マヒンドラへと改称しました。同社は、インドで最も大きな自動車メーカーの一つで、世界最大のトラクターメーカーです。また、インドのコングロマリットの一つであるマヒンドラグループの一つです。(参照: ウィキペディア)

同社は、アセンブリラインの精度、速度、品質を向上させるために、インダストリー4.0を導入することを決定しました。

同社がデソーターのアセンブリソリューションを組み込んだ協働ロボットを使用して、工場の変革を加速化している様子を以下の動画でご覧ください。

 

Cart

バスケット

アイテムは削除されました。 元へ戻す