ルールを曲げるな - ゲームを変えろ (Don't bend the rules - change the game)

ルールを曲げるな - ゲームを変えろ (Don't bend the rules - change the game)


ジョージ・バーナード・ショーの有名な言葉に「変化なくして、進化なし」があります。この言葉から、ただ変化が起こるのを見ているだけなのか、それとも自分達自身が変化を起こす人になるのか、という選択肢が思い浮かびます。デソーターは、もちろん後者を選択します。

デソーターの革新的な方針として、「柔軟性の向上」、「生産性の向上」、「稼働率の向上」を掲げ、既存製品の改良を続けています。しかしながら、既存製品では限界に近づいた時、私達はこれまでのアプローチや成功体験から一度離れ、目的を達成するためのより良い方法はないかと考えます。このことを「原理原則に立ち返る」と言うこともありますが、デソーターでは「ゲームチェンジャー、変革をもたらす瞬間」と呼んでいます。

 

デソーターは「ゲームチェンジャー」という名に相応しいように、アセンブリアプリケーションに対して新しい概念を提案し、進歩を続けています。お客様のインダストリー4.0を実現するためのツールやソフトウェアに対するご要望が増えていることも私達のモチベーションになっています。

 

 

従って、一つのモノから多数のアプリケーションに対応し、インダストリー4.0の働き方への変革を容易にする実用的な方法をいかに開発するかということを私達は考えています。マルチツールマネジメントを用いたソリューションにより、今よりコネクティビティと柔軟性が向上し、生産ラインで使用するハードウェアの数が減少することで、お客様の働き方が大きく変わると言えます。

 

 

もちろん、再出発するということは、私たちが求める利点を他の分野の技術やテクノロジーからも探しだすことを意味します。用途に合わせたカスタマイズを行うというのも、私達が開発を行う際の重要な項目の一つです。例えば、アセンブリラインの再設定を数時間ではなく、数分で行えるようにするという用途に合わせた開発も行っています。

 

これまでの方針を変えて再出発するということは、容易な決断ではありませんでしたが、結果として、特にインダストリー4.0の実現に向けて次のステップに進まれているお客様から、ご好評をいただきました。 本稿が皆様の変化へのきっかけになれば、幸いです。今後もデソーターの新製品情報にぜひ、ご注目ください

Request now a demo