産業革命 - インダストリー 1.0からインダストリー4.0へ

産業革命 - インダストリー 1.0からインダストリー4.0へ


技術の進歩により、生産方法が変わります。これまでとは全く異なる生産技術革新が起こり、人々の労働条件やライフスタイルを根本的に変わることを、産業革命といいます。産業革命とは何だったのか、そして私たちは今どこにいるのでしょうか?「第一次産業革命から第四次産業革命(インダストリー4.0)へ」

第一次産業革命(インダストリー1.0)

第一次産業革命(インダストリー1.0)は、18世紀に蒸気の利用と生産の機械化によって始まりました。それ以前は単純な糸車で糸を紡いでいたのが、機械化により同じ作業時間で生産量が8倍に増大しました。蒸気動力はすでに知られていましたが、これを工業目的で使用したことが生産性を増加させる最大の突破口となりました。人の力を動力とする織機の代わりに、蒸気機関が could be used for 動力として使用されるようになりました。蒸気船や(約100年後の)蒸気機関車が開発されたことで、人や物がより短時間で長距離を移動できるようになり、人々の暮らしに大きな変化が起きました。

 

第二次産業革命(インダストリー2.0)

第二次産業革命(インダストリー2.0)は、19世紀に電気の使用と組立ラインによる製造が行われたことから始まります。ヘンリー・フォード (1863-1947)は、シカゴの食肉処理場から大量生産のヒントを得ました。そこでは豚がベルトコンベアーに吊るされ、各作業者はブタの解体作業の一部のみを行っていました。ヘンリー・フォードは、この方法を自動車生産に持ち込み、応用しました。以前は、1つのステーションで自動車全体が組み立てられていましたが、今日では作業員がベルトコンベアー上で担当作業だけを行っているため、かなり短時間かつ低コストで自動車が生産されるようになりました。

 

第三次産業革命(インダストリー3.0)

第三次産業革命(インダストリー3.0)は、1970年代にPLCコンピューターを用いた部分的な自動化が行われたことから始まります。こうした技術が導入されて以来、生産工程全体を人の手を借りずに自動化できるようになりました。例として、人が介在することなく、プログラミングされたシーケンスを実行するロボットがあります。

 

第四次産業革命(インダストリー4.0)

そして、現在、第四次産業革命の真っただ中にいます。これは、情報通信技術産業に応用することを特徴とし、別名、"インダストリー4.0"とも呼ばれ、第三次産業革命(インダストリー3.0)の発展の上に成り立っています。 すでにコンピューター技術を使用している生産システムは、ネットワーク接続により拡張され、インターネット上にいわゆるデジタルツインをもつ状態になっているため、他の施設との通信や施設自体に関する情報の出力が可能になります。これは生産の自動化への次の段階になっています。全てのシステムがネットワーク化されることで、コンピューターと実世界が結びついた "サイバーフィジカルな生産システム"を用いた工場、つまり、生産システムコンポーネントおよびネットワークを介して通信し、生産がほぼ自動的に行われるスマート工場が誕生しています。

インダストリー4.0は、こうした要因が合わさることで、工場の環境に驚異的な進歩をもたらす可能性を秘めています。例えば、生産で予期せぬ変化が起こった際に、不具合を予測できる機械やメンテナンスを自動的に知らせる機器、自律式の物流があります。

インダストリー4.0は人々の働き方を変える力を持っています。よりスマートなネットワークに人々がつながることで、作業をより効率的に行うことが可能になります。製造環境がデジタル化されることで、 適切な情報を、適切な人に、適切なタイミングで提供する柔軟な方法が可能になります。工場の内外でデジタル機器の使用が増加しているため、保守担当者は、よりタイムリーな方法で、使いたい時に、機器のレポートやサービス履歴を受け取ることができます。保守担当者は必要な技術情報を入手する時間をかけることなく、問題を解決したいと考えています。

つまり、インダストリー4.0は産業界の状況を一変させるものと言えます。ものづくりのデジタル化により、物の生産および流通のあり方や、サービスや改良・改善のやり方が変わります。今、まさに第四次産業革命が始まったと言えます。

詳細またはお見積などのお問い合わせ

ご質問やお見積依頼は、お近くのDesoutter(デソーター)または販売代理店までお問い合わせください。

質問をする 営業・サービス拠点
Cart

バスケット

アイテムは削除されました。 元へ戻す