IACグループ、デソーターとのパートナシップでインダストリー4.0対応を加速化

IACグループ、デソーターとのパートナシップでインダストリー4.0対応を加速化


ビジネスの世界では、タイトな納期、新しい相手との競合、生産ラインでの予定外の供給停止といった課題に日々、向き合っています。こうした課題は、社内のリソースを使用して徐々に解決されていきます。が、時には外部のサポートが必要なほど大きな課題に直面することもあります。

 

生産現場をインダストリー4.0やIoTに対応させることはこうした課題の一つと言えます。ほとんどの会社において変化の必要性を感じていますが、こうした変化をスムーズに行うためのリソースを全て保有しているわけではありません。そこで、お客様のビジネスを理解し、インダストリー4.0およびIoT化をサポートしてくれるパートナーを選択することが極めて重要になってきます。

デソーターは、インダストリー4.0の概念が登場した時から、お客様が生産現場のスマート化を加速させるのに役立つコンサルタント業務や製品を提供できるユニークな立場にいることを認識していました。Desoutter 4.0と呼ぶ当社のアプローチは、お客様の生産環境とサプライチェーンの現代化に役立っています。

その一つの例として、International Automotive Components Group (IACグループ)様とのパートナーシップが挙げられます。デソーターは、IACグループ様と密接に取り組むことで、職場環境のスマート化を推進する際の利点とリスクがどこにあるかということを理解していました。また、IACグループ様は、インダストリー4.0テクノロジーに対して投資することで、生産性、柔軟性およびトレーサビリティを向上させたいと考えていました。こうして、この場合に当てはまる最適なソリューションは、当社のPivotWare (ピボットウェア) 工程管理プラットフォームであることが導き出されました。

PivotWare (ピボットウェア)は、IACグループ様のオペレーターに自動工程の一部として、使用する工具やパーツ、固定する位置などを図や文字で指示します。このシステムはオペレーターが次の工程に移る前に、各作業が正しく行われたかを確認します。PivotWare (ピボットウェア)プラットフォームは、お客様にて付属のソフトウェアを使用してプログラミングを行うことができるため、IACグループ様では、専門業者を呼ぶことなく、生産要件の変更に素早く対応することができるようになりました。さらに、 このプラットフォームは、リアルタイムに意味のあるデータを収集し、ボタンをクリックするだけで、レポートを作成するというオプションも備えています。